金持ち弁理士、貧乏弁理士。

投資信託及び海外ETFによるインデックス投資により資産形成を目指します

「年金指数ランキング」での日本の順位が低すぎてショック!

 

f:id:hiro_pat:20180517220036j:plain

 

 ここ数年、人事・組織コンサルティング会社マーサーは、2017年度グローバル年金指数ランキング 「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数」 レポートとランキングを発表しています。 

 

1. 日本の年金制度のランキングは30ヵ国中29位!!

  日本の年金制度のランキングは30ヵ国中29位と下から2番目です。。ひどいですよね。ちなみに日本より下の国はアルゼンチンです。最近、新興国通貨危機の引き金を引きそうなあの国しか日本より下位にいないんです(いやもうすでに政策金利が40%だから危機ですね)。ちなみにトップはデンマークです。 

  

www.mercer.co.jp

  

 

 2.どういう観点で評価されてるの?

  このランキングは、「マーサー・メルボルン・グローバル年金指数」という指数に基づいています。調査では、「十分性(Adequacy)」、「持続性(Sustainability)」、「健全性(Integrity)」の平均評価値が指数に反映されます。対象国の年金制度に「0から100までの評価」が付けられます。各評価値の内容を、以下に引用します。

 日本は、この3つの評価値の中で「十分性」、「持続性」が特に低いです。

 要するに、(1)日本の年金制度は老後の生活に必要なだけの額が十分に支払われる可能性が低い、(2)平均寿命が長い国であるのに、支給年齢がまだ65歳になっているので、年金の破綻リスクがある、の2点が問題になっていると思われます。

  

十分性 (Adequacy) ・・・(中略)・・・ 例えば、公的年金が老後の生活に十分なだけ支払われているか、老後のための貯蓄は十分になされているか、等が評価対象になる。
持続性 (Sustainability) ・・・(中略)・・・ 例えば、年金が支払われるのに十分な環境が整っているか、平均寿命と支給開始年齢の関係は良いか、国家の破綻のリスクがなく持続可能なものか等が問われる。
健全性 (Integrity) ・・・(中略)・・・ 例えば、年金制度をうまく運用するための見直し機能や透明性が担保されているか、また私的年金のスキーム等が評価される。 なお、世界銀行が発表している世界ガバナンス指数を評価に加えている。

引用:マーサー 「グローバル年金指数ランキング」(2017年度)を発表、日本の年金制度は30ヵ国中29位 | マーサージャパン

 

3.僕らがすべきこと

  自分たちでどうにかするしかありません。iDeCo、つみたてNISA等を利用して老後の資産形成を目指しましょう。

 どんなときも「準備した者」が勝ちます。今から準備を始めましょう。

 

 

▽▽「ポチ」っと応援して頂けると嬉しいです▽▽

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

 

 以前のiDeCoの記事です。所得控除が得られるのが大きいです。

www.hiro-pat.net

 

 以下は、つみたてNISAの記事です。20年で800万円の枠があり、資産形成に大きな役割を果たしてくれると思います。

www.hiro-pat.net