金持ち弁理士、貧乏弁理士。

投資信託及び海外ETFによるインデックス投資により資産形成を目指します

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)が8/3に上場しました

f:id:hiro_pat:20180522221514j:plain

おはようございます。

昨日2018年8月3日に「上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(銘柄コード:2521)」が新規上場しました。

 1.上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)の概要

これは、S&P500指数に対して為替ヘッジして算出する「S&P500指数(円ヘッジ)」への連動をめざすETFです。以下が概要になります。

為替ヘッジされたもので、信託報酬は、税抜きで0.15%です。

銘柄名・コード 上場インデックスファンド米国株式(S&P500)為替ヘッジあり(2521)
管理会社 日興アセットマネジメント株式会社
信託受託会社 三井住友信託銀行株式会社
売買単位 10口単位
信託報酬 0.15%(税込0.162%)以内

 

このETFの特徴は、以下の東証マネ部のサイトでも紹介されています。

money-bu-jpx.com

 

為替ヘッジを行なわないETFの場合、円安のとき、対象指数(S&P500)がドルベースで変わらなかったとしても為替益が出ます。一方、円高のときは、当該ETFは下落することになります。

このETFは、為替ヘッジを行なうので、上記のような外国為替レートの変動の影響はほとんどありません。為替ヘッジのコストはかかりますが、信託報酬は低く抑えられていますし、需要はあるかなと感じています。

2.初日の売買高

初日の出来高等を見てみました。

出来高は7,520株で、売買代金は7,593,000円でした。

少ないですね。これからどうなりますか。

期待しているので、今後もウォッチしていきたいと思います。

(この銘柄もマーケットメイク制度の対象にならないかなー)

 

  ▽▽「ポチ」っと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村へはこちらから

 

 以前のS&P500をまとめた記事です。 
www.hiro-pat.net