金持ち弁理士、貧乏弁理士。

投資信託及び海外ETFによるインデックス投資により資産形成を目指します

ねんきんネットに登録して自分の納付状況及び年金の試算額を確認してみよう。

f:id:hiro_pat:20180807173117j:plain

おはようございます。

本日は、ねんきんネットの話です。 

1.ねんきん定期便

日本年金機構は、厚生労働省からの委託を受けて、国民年金及び厚生年金保険の加入者に対して、「ねんきん定期便」を定期的に送付しています。

ねんきん定期便」は、毎年誕生日月に届きます。このねんきん定期便には、加入記録等、いくつかの情報が記載されています。

 50歳以上の方のねんきん定期便には、年金受給の見込み額が記載されています。

役職定年や出向等、50歳以降で収入が下がるようなことが起これば見込み額が変わる可能性がありますが、そうでなければほぼ記載の年金額になる可能性が高いと言えます。

一方、50歳未満の方のねんきん定期便には、国民年金、厚生年金の年金額が記載されています。

こちらは、それまでの加入実績による年金額が記載されているので、通常、年金額は少なくなっています。こちらは今後の収入によって変わるのでそれほど心配はいらないと思います。

ただ、50歳未満の人でも年金がいくらくらいになるのかのシミュレーションを行いたいという人もいると思います。

そういう方はねんきんネットに登録することをおすすめします。

2.ねんきんネット

ねんきんネットは、下記のサイトから登録することができます。

なお、登録には、ねんきん定期便に記載されている基礎年金番号が必要になります。

www.nenkin.go.jp

3.ねんきんネットで確認できること

登録後、ログインすると以下のような画面が表示されます。

画面の上部の「年金記録の一覧表示」からこれまでの年金記録を確認することができます。

f:id:hiro_pat:20180807220154p:plain

 

更に、画面の上部の「年金見込額試算」のタブを押すと、以下のように年金見込額の試算が行えます。 

f:id:hiro_pat:20180807220650p:plain

 「かんたん試算」は現在の職業(すなわち、現在の収入)が60歳まで継続されるという仮定で試算されます。

現時点で30代の人は今後収入が伸びる可能性がありますが、ひとまず、現在のペースでいってどの程度の年金になるかは知ることができます。

その他、より細かな条件でも試算が可能となっています。

4.まとめ

ねんきんネットは、50歳未満の方に特に便利だと思います。

50歳未満の人はねんきん定期便では、これまでの加入実績の年金額しか確認できないためです。

今後、受給開始時期が引き上げされる、年金受給額が減る可能性など懸念事項はありますが、現時点での試算額を知ることは今後の資産運用を考える上で大事だと思います。 

 まだねんきんネットに登録していない人はぜひ登録してみましょう。

 

▽▽「ポチ」っと応援して頂けると嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村へはこちらから