金持ち弁理士、貧乏弁理士。

投資信託及び海外ETFによるインデックス投資により資産形成を目指します

定年が70歳へと延びていく可能性が。僕らがやるべきこと:確定拠出年金(iDeCo)

f:id:hiro_pat:20180604122145j:plain

おはようございます。

年金開始を70歳を超えても選択できるな制度へと議論が開始されています。

年金受給、「70歳超」選択制で議論開始 社保審 :日本経済新聞

年金の受給開始年齢については、現時点では、原則65歳開始で、60歳から70歳の間で選べるようになっています。開始年齢を65歳を超えて遅らせると、受給額が増えるような仕組みになっています。
私は、今の年金制度を維持することは不可能と感じています。

今回の制度改正の議論は、最終的に受給開始年齢を「原則70歳から」に将来的に引き上げていくための布石であると考えています。

このような動きを考慮してか、企業の中でも70歳まで働ける環境を整えるところも出てきています。

ダイキン、70歳まで再雇用 定年も65歳に延長 :日本経済新聞

これからは、70歳まで働く。70歳定年という時代になってくるかもしれません。

 

このような状況では、税制メリットのある制度をフル活用すべきと思います。

例えば、確定拠出年金iDeCo)やNISA(通常のNISA又はつみたてNISA)です。

今日はiDeCoについて簡単に説明したいと思います。

 1.確定拠出年金iDeCo)のメリット

以下のように、拠出時、運用時、受取時の3つの段階で節税メリットがあります。

  1. 拠出時は掛け金金額が所得控除
  2. 運用中に得られた利益は非課税
  3. 受取時は退職取得控除や公的年金等の控除の対象

 補足1:拠出時は掛け金金額が所得控除

どの程度節税できるかは、証券会社やその他関係機関にシミュレータがあります。

以下は、モーニングスターのシミュレータです。

https://ideco.morningstar.co.jp/simulation/simulation/index.html

例えば、「サラリーマンの企業年金なし」、現在の年齢が30歳、年収400万で、毎月の掛け金を23000円に設定した場合の節税額は以下になります。はっきり言ってやらない理由はないと思います。

年間・・・41,600円
30年間の合計・・・1,359,900円

 補足2:運用中に得られた利益は非課税

通常、運用益には源泉分離課税20.315%が課税されます。これが非課税となります。

2.気になる点

色々なサイトでデメリットとして指摘されているのが、「60歳まで引き出しができない」ということです。しかし、これはデメリットでしょうか?

そもそも余裕資金をiDeCoにまわすべきなのでこの議論はおかしいかなと思います。

それより、資金が拘束されるので、ほったらかしにできるってメリットの方が大きいと思います。

それよりも気になる点は、やはり「特別法人税の状況が不透明ということだと思います。特別法人税とは、「退職年金等積立金に対する法人税」と称されるものですが、iDeCoの積立金にも課税されます。

iDeCoの場合、年率1.173%積立金に課税されます。この特別法人税は、日本経済の景気低迷をうけて1999年以降課税が凍結されています。現時点では、2020年3月末までは特別法人税は適用されないこととなっています。

それにしても、特別法人税については、各方面から完全廃止・撤廃が要望されているんですが、廃止に至りません。国は、iDeCoがある程度普及して、景気が回復してきたら再開させるのでしょうか。「積立金」に対して課税されるので、10年後くらいから課税させると、積立額もかなりの額になっててきついですよ。

こうなると、iDecoで積立てるべき商品は、年率1.173%よりも高い期待リターンのものにしとくべきですよね。。

元本保証の定期預金だと、利率は低いし、特別法人税が復活したら目減りしていきます。

ただ、iDeCoは、上述したように所得控除で戻ってくる税金、本来運用益にかかるべき約20%の税金がかからないわけですから、年率1.173%を超えるメリットは十分にあると思います。 

3.どこの金融機関が良いか?

金融機関を選ぶポイントは、

  1. 運営管理手数料等の各種手数料が安いこと
  2. 魅力的な金融商品を揃えていること

でしょうか。

今なら1番手は、新しい「セレクトプラン」を発表したSBI証券です。

低コストなeMAXIS Slimシリーズを揃えています。現時点で低コストの商品が並んでおり、申し分ないと思います。

prtimes.jp

 

なお、楽天バンガードシリーズでiDeCoをやりたいとなると、2番手は楽天証券ですね。

dc.rakuten-sec.co.jp

4.積み立て額はいくらから?

節税効果を得るためには、積み立て額は満額が好ましいです。私も満額の月23,000円で積み立てを行っています。

ただ、 iDeCoは毎月5,000円から1,000円単位で積立が可能です。

満額を拠出する余裕がないならば、まずは5,000円で始めてはいかがでしょうか。

5.まとめ

まだ、始めていない人は確定拠出年金iDeCo)を検討してみては。

老後資金の確保だけでなく、毎年税金が戻ってくるので良いですよ。 

ポチっと応援して頂けると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村へはこちらから